協会のご案内

Information of the association

会長あいさつ

NPO法人掛川市スポーツ協会は、スポーツを通じて地域の社会貢献に寄与するというNPOの理念に基づき、これまでも生涯スポーツの推進および競技力の向上に努めてまいりました。今後も「スポーツによるまちづくり」を目指し、市スポーツ行政とともに歩みを強化する所存です。

NPO法人掛川市スポーツ協会
会長 雜賀 祥宣

事業方針・中期構想

令和4年度 掛川市スポーツ協会事業計画 
~体協2カ年計画~(令和3年~令和4年)

NPO法人掛川市スポーツ協会の事業及び目的

生涯スポーツの振興による市民の健康増進・体力及び競技力の向上に関する事業、市民が行う地域貢献活動並びに環境保全や地域資源を活用した地域振興事業などにより、子供の健全育成と生涯学習社会に寄与する。

地域スポーツをコーディネートする掛川市スポーツ協会

加速する少子高齢化や情報化の急速な進展による人々の価値観の変化、ライフスタイルの多様化がもたらす個人主義化の傾向など私たちを取り巻く社会環境は大きく変化している。個人や単一の団体、組織では解決が困難な地域が抱える様々な問題がある中で、今後、持続可能な活力ある地域社会を構築していくため、当協会がスポーツを通して人や地域をつなぐコーディネーターとなり、地域活性化や地域課題への取組み、コミュニティの形成を図っていく。

最重要テーマ : 経営基盤の強化

令和3年度からの2カ年計画は、最重要課題を「経営基盤の強化」と位置付け、安定した事業基盤の強化を目標に職員が一丸となり事業に取り組んできたが、予想を超えるコロナ禍の長期化により経営状態は当初の見込みを下回る結果となった。このことから、令和4年度の業務遂行については、主要事業、受託事業及び地域クラブ事業などの新規事業の優先度を見極め、今後のスポーツ協会の進むべき方向性を明確にした上で、業務執行に努めることとする。

主要事業

平成29年度から指定管理事業開始当初の計画を見直し、推進体制及び人員体制の見直し、水道光熱費、外注費等の管理費削減の取組み、掛スポ会費の改定による財源確保等により、事業基盤を強化する計画だったが予想を超えるコロナ禍の長期化による利用収入の減少、また原油価格の高騰による光熱費の増額から、令和3年度の営業収支は当初の見込みを下回る結果となった。
令和4年度も主要事業を「指定管理事業」及び「掛スポ事業」とし、経営基盤の強化に向け、社会環境の変化に応じた取り組み、また、現場対応においては従前の取組みに縛られることなく改善提案を実施し、組織力をもとに前向きな姿勢で事業を推進していく。

新規事業

令和3年度から新たに加わった中学校部活動の地域移行の動きが本格的に始まり、その実現に向けた教育委員会との協議も進むなか、令和3年度は地域クラブの実践研究として、市内中学校の水泳部の活動をスポーツ協会がクラブ管理事務局となり、地域の専門的な指導者によるクラブ活動を実施し、参加した生徒や保護者からも指導内容において高い評価を受けた。このような成果を受け、令和4年度からは予算も確保され、地域クラブ化の動きが更に加速するものと考える。
しかし、実現に向けては、指導者や活動施設の確保、受益者負担の在り方等多くの課題をクリアしなければならないことから、この事業を受託するための組織体制を確立し、行政と連携を図りながら、子供や保護者のニーズに対応した地域クラブを目指す。
また、この事業において大きく関わってくる学校施設の予約及び管理等も新規事業としての可能性が見込まれることから、市教育委員会並びに行政担当課と協議を重ね、小学校水泳授業の受託においては、費用対効果を見極めたうえで、近隣市町の動向等を参考にしながら引き続き今後の展開を模索していく。また、職員の負担軽減、情報発信にもつながるデジタル化の推進等、現代社会に則した取り組みを実践していく。
なお、引き続き、収益の大小に関わらず、既に推進しているその他の事業についても収支予測や優先順位を的確に判断し、費用対効果を検証した上でスポーツ協会の組織力をフルに活用した事業を継続する。 

加盟団体との支援・協力(WIN WINの関係構築)

当協会の理念である「子どもの健全育成と生涯学習社会に寄与する」ため、掛川・新茶マラソン等のイベント事業への協力を始め、当協会が管理するスポーツ施設(指定管理施設)の利用、自主事業の掛スポでは「スポーツ参加率の向上・元気な地域づくり」を活動方針として各加盟団体と一体となった各種教室の展開など、スポーツを通じて加盟団体と共にさまざまな事業を実践してきた。
そんな中、ラグビーワールドカップや東京オリンピック・パラリンピックといった世界的なスポーツイベントが終わり、これまでのスポーツから新しい形のスポーツに代わる転換期に来ているのではないか。そこで、今後は先人が築いた礎を守りながら、時代の流れや社会環境の変化に応じた加盟団体とスポーツ協会が共に持続可能な「あるべき姿」を模索し、理想的な関係構築を目指す。

組織図

NPO法人掛川市スポーツ協会
会長/副会長/専務理事/理事/監事 
事務局本部業務、スポ少事務局、賛助会員窓口、受託事業業務 他
総務課職員の総務、経理 他
さんりーな係北地区屋内施設管理・運営業務、北地区予約センター業務、掛スポ運営業務 他
さんりーなプルトレ係プール・トレーニング室管理・運営業務、指導業務 他
北施設マネジメント係北地区屋外施設管理・運営業務 他
南施設マネジメント係南地区屋外施設管理・運営業務 他
し~すぽし~すぽ管理・運営業務、南地区予約センター業務 他

沿革

 

昭和21年

掛川町体育協会創立 初代会長 松本 文治

昭和24年

第2代会長 溝口 茂雄

昭和29年

掛川町体育協会から掛川市体育協会に改称

昭和37年

第3代会長 大石 武雄

昭和40年

掛川市父親ソフトボール大会、掛川市武道大会開催

昭和51年

第4代会長 渡辺 富士松

昭和56年

第5代会長 戸塚 進也

昭和61年

社会体育優良団体として、文部大臣表彰

第1回市民一人一スポーツフェスティバル開催

昭和63年

第1回小笠・掛川マラソン開催

平成  7年

第6代会長 戸塚 建司

平成  8年

掛川市体育協会創立50周年記念式典

平成  9年

第7代会長 長谷川 廣一

平成13年

第8代会長 桒原 貞秋

平成14年

4月1日 特定非営利活動法人掛川市体育協会設立

5月31日 掛川市体育協会解散

平成15年

総合体育館「さんりーな」開館

総合体育館「さんりーな」、B&G海洋センターの管理運営を受託開始

第58回国民体育大会NUW!わかふじ国体開催(成年女子ソフトボール競技)

第3回全国障害者スポーツ大会・わかふじ大会開催(知的障害ソフトボール競技)

平成16年

アテネオリンピック国内最終選考会(トランポリン、さんりーな)

平成17年

掛川総合スポーツクラブ創設、4月より活動開始

拠点づくり事業/第11回全日本トランポリン競技選手権大会開催(さんりーな)

ゆうゆうパークの管理運営を受託開始

平成18年

NPO法人掛川市体育協会創立60周年記念式典

3地区体育協会合併(掛川市、旧・大東町、旧・大須賀町)

指定管理業務開始(さんりーな、B&G、ゆうゆう、旧)大須賀町施設)

平成19年

市内全公共スポーツ施設の指定管理業務開始(全14施設)

*新規施設/いこいの広場、安養寺運動公園、旧)大東町施設(体育館、総合運動場、北運動場、ビーチ公園)

平成20年

北京オリンピック国内最終選考会(トランポリン、さんりーな)

平成21年

新規事業に伴う定款変更を実施(県知事認証) 

平成22年

新規事業として、体協農園(掛ファーム)、体協ツーリスト(掛ツアー)、掛マネー「い~さ」を開始

掛川市初の国際大会「2010インドパシフィックトランポリン掛川大会」開催(さんりーな)

平成23年

第9代会長 松浦金作

平成25年

第10代会長 雜賀祥宣

平成26年

掛川市南体育館「し~すぽ」開館

「し~すぽ」指定管理業務開始

平成27年

第10回記念 掛川・新茶マラソン開催

平成28年

体育協会合併10周年(創立70周年)記念式典開催

平成29年

市内12スポーツ施設、新たに指定管理業務開始

(掛川市体協・ミズノ・鹿島建物 協働体)

令和  3年

特定非営利活動法人掛川市体育協会から特定非営利活動法人掛川市スポーツ協会へ改称

役員

令和3・4年度
特定非営利活動法人掛川市スポーツ協会
名誉役員・会長・副会長・理事・監事

顧問

岡田 弘、増田 享大 、松本 均、二村 禮一

会長

雑賀 祥宣

副会長

鈴木 勉、松井 雅子、赤堀 真由美、中山 雅夫、岡部 弘、鈴木 正治

専務理事

中山 武弘

理事

西川 恵子、中村 まち子、伊達 靖、中根 福次、勝俣 俊光、籾山 隆三、大角 茂樹、久野 孝治、川隅 康式、赤堀 史朗、榛村 吉宣、鳥居 恭治、山本 隆志、伊藤 薫

監事

山﨑 健治、鈴木 直

賛助会員一覧

令和3年度賛助会員【法人】
株式会社アビサレ有限会社石川自動車 株式会社伊勢屋肥料農材NECプラットフォームズ株式会社株式会社エネリンク
株式会社遠興 有限会社オフィス 掛川工業株式会社 掛川ゴルフ連盟 掛川ゴルフガーデン
 (公社)掛川市シルバー人材センター 掛川市農業協同組合 掛川市森林組合 掛川タクシー株式会社 掛川土建株式会社
 掛川みなみ商工会 鹿島建物総合管理株式会社横浜支社 株式会社勝又商店 有限会社金井屋 株式会社河合楽器製作所
 株式会社川島組 株式会社キャタラー 有限会社協栄企画印刷 株式会社グリーンバード コヤマスポーツ
 株式会社さかい美装 株式会社坂本タイヤ 有限会社山静商会有限会社静岡通商 島田掛川信用金庫
スズキスポーツ鈴与商事株式会社 清化工業株式会社積水ハウス株式会社静岡工場 株式会社ダイドービバレッジ静岡
 株式会社タミヤ 中遠環境保全株式会社 有限会社中央スポーツ店 中部電力パワーグリッド株式会社 掛川営業所 株式会社帝装化成
 株式会社東海軒金谷工場 常盤造園 株式会社トダックス 豊田肥料株式会社 株式会社中川園
 ナカダ産業株式会社 中根製茶株式会社 南遠ガス株式会社 南遠環境保全株式会社 日管株式会社
 株式会社ネクシィーズ ハナジマ設計 浜電工業株式会社 株式会社ハマビ 株式会社 浜松山福
 株式会社藤田鉄工所 株式会社藤本組 有限会社双葉 株式会社北陽 掛川営業所 松浦梱包輸送株式会社
 株式会社松風屋 マツヤスポーツ 丸山製茶株式会社 ミズノスポーツサービス株式会社 株式会社道の駅掛川
 ミヨシヤ 矢崎部品株式会社大東工場 山啓製茶株式会社 ヤマハモーターパワープロダクツ株式会社  ユニヴァーサル商事株式会社
 よみうり開発株式会社 有限会社ワイエスデー 株式会社若杉組 社名非公開 2社 
令和3年度賛助会員【個人】

秋山 泰規、秋山 やす子、栗田 一吉、桑原 清、佐藤 康俊、鈴木 一義、鳥居 恭治、鳥居 俊彦、中村 泰紀、中村 徳雄、中山 裕亮、原田 黎一

個人会員:12件 / 法人会員:75件/合計:87件
50音 敬称略

情報公開

求人案内

求人職種総合体育館さんりーなのプール監視管理・受付(希望により指導業務)
勤務地さんりーな(プール・トレーニング室)
就業時間15:00~22:00 うち5時間以上働ける方(シフトによる・応相談)  
(日祝は18:30まで)
待遇時給930円  
昇給実績あり・正職員登用制度あり・交通費別途支給(2㌔以上、上限1万円)
休日週2日以上勤務できる方(学生の方は学業を優先していただいております。)
火曜定休・年末年始(12/29~1/3)
資格中学卒業以上(高校生の方は要学校許可)
25m程度泳げる方
その他・プール・トレーニング室の利用無料  
・いつでも誰でもプログラム参加無料  
・掛川総合スポーツプログラム年会費無料  
・店頭商品に職員割引があります。
・Wワーク可能
 公共施設のため営業時間内であれば自由に見学ができます。
 求人に関するお問合せ:TEL 0537-64-7050

その他の職種についても随時募集しております。
詳しくはこちら>> https://kakegawa-sports.jbplt.jp/(外部サイト)

ご相談・ご質問等ございましたらお気軽にお問い合わせください。

0537-24-9781